Wineワイン

  • Home
  • ワイン
  • Ronco del Gnemiz ロンコ デル ニエミツ シャルドネ ロンコ バッソ 2020
  • Ronco del Gnemiz
    ロンコ デル ニエミツ シャルドネ ロンコ バッソ 2020

    フリウリのカリスマ的生産者が造るこだわりの逸品!

     5,400円(税込)
    輸入元希望小売価格 : 6,600円(税込)
    • 20歳未満での購入や飲酒は法律で禁止されています。20歳未満への販売は一切お断りしております。必ず備考欄に生年月日を入力した上でご購入ください。
    • お酒は2万円以上のご注文で国内送料無料(沖縄離島除く)です。サイトの機能上自動で送料が合算されますが送料を引いた金額で承ります。
    • 5~9月はワインのコンディションを保つためクール便のご利用をお薦めしております。
    商品を購入する
    20歳未満での購入や飲酒は法律で禁止されています。
    未成年者への販売は一切お断りしております。
    あなたは20歳以上ですか?

    1982年に初めてワインをリリース。現在は娘のセレーナがパートナーのクリスチャン・パタや息子たちとともに栽培・醸造の全てを手掛けています。各区画のテロワールの違いにこだわるセレーナは、どんな小さな区画も別々に醸造し、少量ずつ様々なキュヴェをリリースしています。こちらのシャルドネは、ニエミツの基本のシャルドネ。サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾーネにある南向き斜面と南西向き斜面にある若樹の2区画をブレンド。白い果実、スモーク、スパイス、杏仁を思わせる樽がしっかりときいた香りに、清涼感あるきれいな味わい。余韻にはミルキーなニュアンスが感じられます。

    ※商品画像と実際の商品の生産年(ヴィンテージ)が異なる場合がございます。 正しくは商品名および詳細欄の生産年をご確認ください。

    ■生産者:ロンコ デル ニエミツ

    ■生産地:イタリア > フリウリ ヴェネツィア ジュリア

    ■生産年:2020年

    ■タイプ:白ワイン 辛口

    ■原材料:シャルドネ100%

    ■アルコール :13.5%

    ■内容量:750ml

    ■葡萄:サン ジョヴァンニ アル ナティゾーネにある南向き斜面と南西向き斜面にある若樹の2区画をブレンド

    ■醸造・熟成:バリックで発酵/新樽比率33%のバリックで10ヶ月間熟成

    ■生産本数:2800本

    ■輸入者名:株式会社フィラディス

    ■配送について 【夏季 (5月から9月頃)のワインの配送につきまして】

    配送中の温度変化によるワインの液漏れを防ぐ為、夏季はクール便(送料に別途330円加算)のご利用をお薦めしております。
    クール便をご利用になられない場合の液漏れ事故や品質劣化等による補償、商品の返品は一切応じかねますので予めご了承くださいませ。
    原則、クール便のご利用につきましてはお客様のご判断でお願い致します。

    また、高級ワインをご購入のお客様につきましては、ご指定がなくともクール便のご利用を御願いする場合がございます。ワインを最良の状態でお届けするためですので、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます(この場合330円を追加で頂戴いたします)。
    ※クール便ご利用の場合、下記リンク先よりクール便発送のオプションを商品と一緒にご購入ください。

    一度に梱包できる本数は ワイン750ml瓶で6本までです。7本以上ご注文の場合は1梱包につきクール便料の追加をお願いいたします。
    Ronco del Gnemizロンコ デル ニエミツ

    フリウリの毅然としたカリスマ的生産者

    イタリアの主要ワインガイド、エスプレッッソ誌が「毅然としたカリスマ的な生産者」と評するロンコ・デル・ニエミツは、スロヴェニアとの国境に近いフリウリ東部に位置しています。1964年にエンツォ・パラッツォーロが醸造所を購入し、1982年に初めてロンコ・デル・ニエミツとしてワインをリリース。1990年代半ばに醸造所を受け継いだ娘のセレーナが現在、パートナーのクリスチャン・パタや息子たちとともに栽培・醸造の全てを手掛けています。ニエミツの畑があるロザッツォは、セレーナと親交深いミアーニやメロイの本拠地ブットリオと並ぶコッリ・オリエンターリ最高のエリア。このふたつの地区はどちらもD.O.C.の南部にあり5km程度しか離れていません。ともに土壌はポンカと呼ばれる泥灰質であり、長熟なワインを生む力があるが、それぞれのキャラクターは大きく異なります。セレーナによると、ブットリオは早くから訴えかける魅力があり、果実も開いています。白は極めてリッチ、赤もふくよかでベルベットのようなタンニンが豊富です。一方、ロザッツォはより厳粛なキャラクターであり貴族的。白はより酸が高く、香りは繊細、果実が現れるのにも時間がかかります。赤は香りに土っぽさと、どこかボルドーに共通するニュアンスを備えていて、両者は気候に大きな違いがないため、おそらくこれはロザッツォの方が土壌に粘土を多く含むせいだろうと、彼女は分析しています。

    栽培は長年ビオロジックで行っており、一部ビオディナミも導入しています。フリウリの気まぐれな天候の前では、これは容易なことではありません。冬は非常に寒く乾燥しており、春は暖かで雨が多い。夏は昼夜の寒暖差が大きく、8月は時折大雨に見舞われます。地元でボラやボリーナと呼ばれる風が畑を乾かしてくれますが、そうでなければブドウの樹も土もずぶ濡れのまま。この土地では、健全なブドウを得るために綿密なブドウの世話が欠かせません。セレーナはこの基本にこれ以上ないほど忠実です。「丁寧に、誠実に土地と向き合い最善を尽くせば、その土地は答えてくれる」と彼女は語ります。時には厳しい判断も辞さない勇気がなければ、この土地で偉大なワインは造ることは出来ないといいます。あるがままの自然を受け止め、頑なに尽くす。農民としてのシンプルなその姿勢は、誠実なワインの味わいからも感じることができるでしょう。セレーナのワイン造りで最も特徴的なのは、少量ずつ様々なキュヴェをリリースすること。どんな小さな区画も別々に醸造され、それぞれの独自性が各ボトルの中に表現されています。テロワールの違いにこだわる彼女ならではのラインナップ。各区画は0.5ヘクタールにも満たないものが多いため、各キュヴェの生産本数は少なくなっています。全てを手に入れることは非常に困難ですが、プロ・アマ問わず、ワインに造詣が深いがまだこの生産者を知らない人に黙っておすすめできると称される、イタリアでも数少ない造り手の一人です。

飲酒は20歳になってから。20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
Copyright © 2020 Fuji Corporation, Ltd. All rights reserved.