Wineワイン

  • Ch Margaux
    シャトー マルゴー 1998

    今まさに飲み頃に達した、シャトーマルゴー1998。日本で最も有名な5大シャトーの女王。

     129,000円(税込)
    輸入元希望小売価格 : 159,500円(税込)
    • 20歳未満での購入や飲酒は法律で禁止されています。20歳未満への販売は一切お断りしております。必ず備考欄に生年月日を入力した上でご購入ください。
    • お酒は2万円以上のご注文で国内送料無料(沖縄離島除く)です。
    • 5~9月はワインのコンディションを保つためクール便のご利用をお薦めしております。
    商品を購入する
    20歳未満での購入や飲酒は法律で禁止されています。
    未成年者への販売は一切お断りしております。
    あなたは20歳以上ですか?

    <CH.Margaux データベースより>

    収穫の初期に何度か雨天に見舞われるまでは、偉大なるヴィンテージ誕生に限りなく近かったのですが。メルロもカベルネも、当初から驚くべき凝縮性をあらわし、1995年や1986年を彷彿とさせました。最初は少々閉じていて、いかめしい印象でしたが、樽内育成・熟成が進みに連れて徐々に丸みと調和を増していきました。



    今日ではシャトー・マルゴー1998年は優れたみずみずしいアロマ、特に赤果実の風味を含み、バニラや焙煎のノートが徐々に全体に溶け込み始め、余韻にまで広がります。味わいにはたくましさがあり、タンニンもみずみずしく締まりがあって、それでいて粘性も感じます。クラシカルな印象を与える理由でしょうか。1998年は異論なく長期熟成向きワインです。理想を言うならさらに数年待って飲みたいワインです。(2018年10月)



    ※商品画像と実際の商品の生産年(ヴィンテージ)が異なる場合がございます。正しくは商品名および詳細欄の生産年をご確認ください。

    ■生産者:シャトー マルゴー

    ■生産地:フランス > ボルドー > オ- メドック > マルゴー村

    ■生産年:1998年

    ■格付け:メドック格付け第1級

    ■タイプ:赤ワイン フルボディ

    ■原材料:カベルネ ソーヴィニョン75%、メルロー17%、プティ ヴェルド5%、カベルネ フラン3%

    ■アルコール:14%

    ■内容量:750ml

    ■参考評価:PP92点

    ■飲み頃予想:2006~2030

    ■配送について 【夏季 (5月から9月頃)のワインの配送につきまして】

    配送中の温度変化によるワインの液漏れを防ぐ為、夏季はクール便(送料に別途330円加算)のご利用をお薦めしております。
    クール便をご利用になられない場合の液漏れ事故や品質劣化等による補償、商品の返品は一切応じかねますので予めご了承くださいませ。
    原則、クール便のご利用につきましてはお客様のご判断でお願い致します。

    また、高級ワインをご購入のお客様につきましては、ご指定がなくともクール便のご利用を御願いする場合がございます。ワインを最良の状態でお届けするためですので、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます(この場合330円を追加で頂戴いたします)。
    ※クール便ご利用の場合、下記リンク先よりクール便発送のオプションを商品と一緒にご購入ください。

    一度に梱包できる本数は ワイン750ml瓶で6本までです。7本以上ご注文の場合は1梱包につきクール便料の追加をお願いいたします。
    Ch Margauxシャトー マルゴー

    「ワインの女王」や「ボルドーの宝石」と称される
    エレガンスに満ち溢れた第一級シャトー

    シャトー マルゴーはパリ万博の際に行われた格付けにて第一級を獲得しました。その際に行われた20点満点のテイスティングでは唯一満点評価を受け、名実ともにボルドーワインの高みへと登り詰めました。シャトーは、1977年にアンドレ・メンツェロプロス氏の所有となって以来、更なる改善が行われ、セカンドラベルの導入や、ブドウ畑の再編、醸造設備への投資など、様々な改革に取り組んでいます。
    約30年にわたりシャトー マルゴーの総支配人を務めた故ポール・ポンタリエ氏は、ビオロジックや醸造技術の改善、偽造・偽装防止のためのプルーフタグなど、数々の革新的な取り組みを行い、シャトー マルゴーを世界でも有数の品質を誇るワインへと高めました。

    彼はシャトー マルゴーを「ベルベットの手袋の中の鋼鉄の拳」と表現。シャトー マルゴーが目指すエレガンスとは、強さを秘めたしなやかさ。優雅で香り高く力強いその味わいを、この言葉が見事に表しています。芳醇でありながらエレガンスに満ち溢れたシャトー マルゴーは、「ワインの女王」や「ボルドーの宝石」と讃えられているのです。
    ポール・ポンタリエ氏の亡き後、シャトー マルゴーには支配人のいない空白の1年間がありましたが、2017年より20年以上に渡りポンタリエ氏の右腕として活躍したフィリップ・バスコール氏が、ナパ・ヴァレーのイングルヌックより帰郷し2017年より総支配人に就任しました。



    ヴィンテージ毎の緻密なブレンドが生み出す卓越したハーモニー

    ワイン愛好家を虜にするシャトー マルゴーは、シャトー マルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出すため、2006年からカベルネ ソーヴィニヨンの比率を高めており、造られるワインも新樽比率100%というこだわり。さらにビオディナミ農法を実践しており、シャトー マルゴーにしかできないテロワールの表現を追求しています。しかし予期せぬ事態への対処が必要になるかもしれないため、ビオディナミ認証の申請は行っていません。 収穫においても選果をさらに厳しくし、グラン ヴァンに使われるブドウは全体の僅か35%前後。優れたテロワールで育ち、極めて厳しい選果をクリアした珠玉のブドウだけをグラン ヴァンに使用しています。
    畑は土壌の質により細かく区画分けされており、ブルゴーニュのグラン クリュのように区画ごとにワインを造り出すこともできますが、区画にこだわらずヴィンテージごとにブレンドを決めています。シャトー マルゴーでは、毎年1月に全ての区画のワインをテイスティングしグラン ヴァンのブレンドを決定します。

    セカンドワインは 多くのシャトーが若樹のブドウやグラン ヴァンとは異なる区画のブドウを用いることが多いですが、シャトー マルゴーでは同じ区画であっても必ずしも毎年セカンドワインに使われるわけではなく、ヴィンテージによってはグラン ヴァンに使われることもあります。このようにシャトー マルゴーでは、秀逸な品質のものがグラン ヴァンに使われるわけではなく、「ハーモニー」を大切にするためどんなに品質が良い区画のブドウであっても、ハーモニーを壊すようであればグラン ヴァンには使用されません。

    かつてポンタリエ氏が「上質なブドウ果実が手に入れば、醸造はその最高の表現を引き出すことに全力を尽くすだけだ」と語ったように、並外れたテロワールで秀逸なワインを造るために栽培から醸造まで全てを徹底。そのようにして生み出されるのがグラン ヴァン、シャトー マルゴーなのです。


飲酒は20歳になってから。20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
Copyright © 2020 Fuji Corporation, Ltd. All rights reserved.