東証一部FUJI CORPORATION NETSHOPPING
JAPANESEENGLISH

自動倉庫システム R200

自動倉庫システムとタイヤホイール自動組込装置

 当社ではこれまで、第2ロジスティクスと第3ロジスティクス合わせて平置き倉庫7,000坪、自動倉庫2基、タイヤホイール自動組込装置2基を保有しておりましたが、2020年9月に新たにこれまでの2倍以上の収納能力の自動倉庫を完成させ、内部にはAGV(無人搬送車)やSTV(高速仕分け電動台車)、自動搬送コンベアを導入しました。
 これにより商品の先取り購入による在庫保有能力の向上、繁忙期の商品保管体制の改善、かねてからの課題である多様化する顧客ニーズへの対応、受注から発送までのリードタイムの短縮等が可能となりました。
 自動倉庫システムは基幹システム「FACE」とリンクしており、受注データから出荷商品を呼び込み、自動的に商品の積載されているパレットを出庫します。その後のタイヤホイールの出荷作業は独自に構築した生産ラインで組込、エアー注入、バランス調整、梱包といった一連の作業を自動化し、自動倉庫システムとの相乗効果により、発送業務の効率を飛躍的に向上させることが出来ます。今後も更なるオートメーション化を推進し、物流業務の改善を行ってまいります。

第三ロジ 第二ロジ出荷ライン

ページトップへ