Wineワイン

  • Home
  • ワイン
  • Penfolds ペンフォールズ セント アンリ シラーズ 2017 (化粧箱入り)
  • Penfolds
    ペンフォールズ セント アンリ シラーズ 2017 (化粧箱入り)

    独自のスタイルを持つとてもエレガントなシラーズワインで、グランジと面白い対比を見せています。

     14,100円(税込)
    輸入元希望小売価格 : 16,500円(税込)
    • 20歳未満での購入や飲酒は法律で禁止されています。20歳未満への販売は一切お断りしております。必ず備考欄に生年月日を入力した上でご購入ください。
    • お酒は2万円以上のご注文で国内送料無料(沖縄離島除く)です。
    • 5~9月はワインのコンディションを保つためクール便のご利用をお薦めしております。
    商品を購入する
    20歳未満での購入や飲酒は法律で禁止されています。
    未成年者への販売は一切お断りしております。
    あなたは20歳以上ですか?

    セント アンリは長期熟成で真価を発揮する独自のスタイルを持つシラーズワインで、グランジと面白い対比を見せています。熟成は数十年使用している古い大樽で行い、オークの特徴を最小限に抑えています。若干のカベルネ ソーヴィニヨンをブレンドしますが、セント アンリはシラーズに焦点を当てたワインです。深みのあるプラムレッド色。最初に香ばしい香り、すぐにチェリーリキュールやチョコレート、干した牛肉、乾燥したオレガノ、タイム、ラベンダーなどの香りを感じます。ブラックオリーブやコーヒーなどの豊かな風味があり、南オーストラリア州の北部の産地で収穫されたシラーズの果実味がたっぷりと感じられます。絹のようになめらかで洗練されたタンニンと素晴らしい骨格を持つワインです。



    ※商品画像と実際の商品の生産年(ヴィンテージ)が異なる場合がございます。正しくは商品名および詳細欄の生産年をご確認ください。

    ■生産者:ペンフォールズ

    ■生産地:オーストラリア > サウス オーストラリア

    ■生産年:2017年

    ■タイプ:赤ワイン フルボディ

    ■原材料:シラーズ97%、カベルネ ソーヴィニョン3%

    ■畑:バロッサ・ヴァレー、マクラーレン・ヴェイル、イーデン・ヴァレー、ポート・リンカーン

    ■醸造:ヘッダーダウンボード付きステンレスタンクを使用。樽で発酵を完了させる。

    ■熟成:フレンチオークの大樽(1460L)で12カ月間。全て古樽を使用。一部は50年以上のものも。

    ■アルコール:14.5%

    ■内容量:750ml

    ■評価:2017年 ワイン アドヴォケイト93点、ジェームス サックリング95点、ワイン スペクテイター94点、デカンター96点

    ■飲み頃予想:2022年~2052年。

    ■輸入者名:日本リカー株式会社

    ■配送について 【夏季 (5月から9月頃)のワインの配送につきまして】

    配送中の温度変化によるワインの液漏れを防ぐ為、夏季はクール便(送料に別途330円加算)のご利用をお薦めしております。
    クール便をご利用になられない場合の液漏れ事故や品質劣化等による補償、商品の返品は一切応じかねますので予めご了承くださいませ。
    原則、クール便のご利用につきましてはお客様のご判断でお願い致します。

    また、高級ワインをご購入のお客様につきましては、ご指定がなくともクール便のご利用を御願いする場合がございます。ワインを最良の状態でお届けするためですので、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます(この場合330円を追加で頂戴いたします)。
    ※クール便ご利用の場合、下記リンク先よりクール便発送のオプションを商品と一緒にご購入ください。

    一度に梱包できる本数は ワイン750ml瓶で6本までです。7本以上ご注文の場合は1梱包につきクール便料の追加をお願いいたします。
    Penfoldsペンフォールズ

    世界最高峰のワイナリーの一つ、ペンフォールズ

    1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールド博士が南オーストラリア州マギルで、妻メアリー夫人と共に医療用として酒精強化ワイン造りを開始したのが、ペンフォールズの始まりです。1870年にクリストファー・ローソンが亡くなってから、彼の妻メアリー、義理の息子トーマス・フランシス・ハイランドが跡継ぎとなり、オーストラリア国内のワインマーケットを拡大し続けました。1950年代、消費者の嗜好の変化を反映してスティルワインにフォーカスしたワイン造りへ転向したペンフォールズは、「グランジ」を生み出したマックス・シューバートなど、熱意あふれる偉大なワインメーカーたちに支えられ、格別かつ大胆なワイナリーへと発展しました。創設から175年以上を経たペンフォールズは、比類なき傑出したニューワールドワインとして世界中で認められ、ワイン&スピリッツ誌の「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を歴代最多の28回受賞するなど多数の受賞歴とともに、世界最高峰のワイナリーの一つとして知られるようになりました。
    マルチ・リージョン、マルチ・ヴァラエタル。これがペンフォールズの特長的なワイン・メイキングの哲学です。最高品質のワインを安定して造るため、区画や地域、品種に縛られることなく、ワインスタイルに最適なブドウを探し求めます。その哲学はシャンパン・メゾンにも通ずるものがあります。ワインメーカーたちは実際に畑に赴き、自らの目で選んだブドウを、選果からブレンディングに至るまで注意深く見守ります。細部へのこだわり、これこそがペンフォールズ・スタイルです。

    175年以上にわたるペンフォールズの歴史には、わずか4人のチーフワインメーカーしか存在しません。初代チーフ・ワインメーカー マックス・シューバートは1951年にグランジを世に送り出し、人生の大半をペンフォールズとともに歩みました。2代目チーフ・ワインメーカーのドン・ディッターはクヌンガ・ヒル、Bin707を、3代目ジョン・デュヴァルはRWTシラーズ、Bin407、ヤッターナを生み出しました。そしてペンフォールズの醸造哲学は現在のチーフワインメーカー、ピーター・ゲイゴへと脈々と受け継がれています。
    ペンフォールズのアイコン・ワインであるグランジは多くのコレクターを魅了して止まない世界を代表する最高峰のワインの一つです。グランジは、初代チーフ・ワインメーカー、マックス・シューバートにより、1951年にマギル・エステートで初めて造られました。当初は、長期熟成タイプのオーストラリアワインが市場に受け入れられず、ワイナリーからも製造を中止するように命令されますが、マックスは隠れて醸造を続けます。それから月日は流れ、グランジが脚光を浴びるようになったのは1960年のこと。長期熟成の魅力を発揮したファーストヴィンテージがようやく評論家から高い評価を受け、晴れて正式に醸造が再開されたのです。その後グランジは現在の輝かしい地位を着々と築き、1955年ヴィンテージが米誌ワイン・スペクテイターの「20世紀における最も偉大なワイン12本」の一つに選出されるなど、その地位は不動のものとなっています。


飲酒は20歳になってから。20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
Copyright © 2020 Fuji Corporation, Ltd. All rights reserved.