気になる存在!「オレンジワイン」

ここ数年でよく耳にするようになった、「オレンジワイン」というワード。注目が高まるワインですが、どんなワインかご存知でしょうか。
これから、ジメジメ、蒸し蒸しの嫌な天候が続く梅雨をむかえます。そんな時期にはキリッと冷やしたオレンジワインを飲みながらリフレッシュがおすすめ。本ページではオレンジワインの解説とおすすめの商品をご案内致します。

ご案内するワインは全て入荷しております。当店おすすめのオレンジワインを是非お試し下さい!独特の美味しさにハマっちゃうかもしれませんよ!

オレンジワインとは


名前から果物のオレンジから造られたワイン?またはオレンジを漬け込んだフルーツワインを想像してしまうかもしれませんが、実はブドウから造られたれっきとしたワインです。
「オレンジワイン」は、白ブドウを使用して赤ワインと同じ製法で造られた琥珀色のワインを指します。

オレンジワインの起源は、約8000年前までさかのぼります。ワイン発祥の国ジョージアでは、クヴェヴリ(素焼きの壺)を地中に埋めこみ、その中でブドウの果皮や種を果汁と一緒に発酵させる伝統製法があります。クヴェヴリで醸造された白ワインは、琥珀色の色調となり、ジョージアでは「アンバーワイン」と呼ばれ親しまれてきました。
ここ数年のジョージアワインの普及に伴い、このワインはさらに身近な存在になり、現在では世界的に「オレンジワイン」と称され、人気を集めています。ヨーロッパの国々の他、今ではオーストラリアやアメリカなどでも造られているほどです。

オレンジワインの独特の風味と旨味たっぷりの味わいは、様々な食材と相性が良いのが特徴です。
おすすめは特に『和食』。お刺身やたたき、魚貝や山菜の天ぷら、煮魚など、和食との相性は抜群です。(私的にはポン酢との相性も素晴らしいと思います)


ソムリエ厳選 おすすめオレンジワイン

シュフマン ワインズ ヴィノテッラ キシィ 2020

Schuchmann Wines
シュフマン ワインズ ヴィノテッラ キシィ 2020

シュフマン ワインズ ヴィノテッラ キシィ 2020

シュフマン・ワインズは、ジョージアを代表するブドウ品種に特化したワイナリーです。2008年に創設されたシュフマン・ワインズの創設者ブルクハルト・シュフマン氏は、ジョージアの伝統的なワインの製法にドイツの類まれな技法を用いて、時代に相応しく、記憶に残るワイン造りを行っています。
ジョージアの主要な黒ブドウ品種サペラヴィを中心に、ルカツィテリ、ムツヴァネ、キシといったジョージアの土着白ブドウ品種や、国際品種も栽培しています。(ちなみに、ジョージア固有のブドウ品種は525種類あるそうです。)

すべて手摘みで収穫した良質なブドウのみを選定後に破砕。クヴェヴリで6ヶ月間全房発酵させて造られました。白い花と桃の香り。バランスが良く、わずかにコショウのニュアンス。柔らかなタンニンと十分な酸味。余韻は長く、リンゴの皮と紅茶のような風味とタンニンを感じます。ワイン発祥の国ジョージアの伝統製法であるクヴェヴリで仕込まれたオレンジワインを是非お試し下さい!

2,850円(税込)
輸入元希望小売価格 : 3,157円(税込)



シュフマン ワインズ ヴィノテッラ ルカツィテリ 2020

Schuchmann Wines
シュフマン ワインズ ヴィノテッラ ルカツィテリ 2020

シュフマン ワインズ ヴィノテッラ ルカツィテリ 2020

すべて手摘みで収穫した良質なブドウのみを選定後に破砕。クヴェヴリで6ヶ月間全房発酵させて造られました。豊かな香りの花、洋ナシや桃、メロンの香りを感じ、しっかりとした骨格のある味わいです。

2,400円(税込)



スカルボロ ラマート XL 2019

Scarbolo
スカルボロ ラマート XL 2019

スカルボロ ラマート XL 2019

イタリアのフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の家族4人で営む小さなワイナリーです。伝統的な製法、先進的で型にとらわれない考え方のもとに、伝統品種、国際品種ともに素晴らしい味わいのワイン造りを行っています。こちらのワインは、フランス産のバリック(樽)で熟成された珍しい製法で造られたワインで、程よいタンニンとエレガントでリッチなテイストが楽しめる逸品です。オレンジワインの入門編のような親しみやすいワインです。

3,740円(税込)
輸入元希望小売価格 : 4,400円(税込)



バローネ コルナッキア トレッビアーノ ダブルッツオ マチェラート オレンジ 2019

Barone Cornacchia
バローネ コルナッキア トレッビアーノ ダブルッツオ マチェラート オレンジ 2019

バローネ コルナッキア トレッビアーノ ダブルッツオ マチェラート オレンジ 2019

1577年、コルナッキア家がナポリ王国によりバローネ(男爵)の爵位を与えられ、ブルボン王朝との国境を接するこの土地を管理、監視する役目を担っていていました。そのような経緯から、先祖代々、広大な土地を所有し、その中から葡萄栽培に適した選りすぐりの土地を畑とし、質の高いワインを造りを続けております。
こちらのワインは、赤ワインと同じように果皮や種と一緒に32日間のマセレーション(浸漬)させたワインです。輝きのある濃い黄色、熟した果実やドライフルーツの複雑なアロマと余韻には心地よいアーモンドを思わせる苦みが楽しめます!ヴィーガン認証を持つ高品質のイタリア・オレンジワインで、サッパリさわやか系です。

2,700円(税込)
輸入元希望小売価格 : 2,970円(税込)

SOLD OUT




ジョヴァンニーニ GGG ビアンコ デル シッラーロ 2019

Giovannini di Giorgio e Jacopo
ジョヴァンニーニ GGG ビアンコ デル シッラーロ 2019

ジョヴァンニーニ GGG ビアンコ デル シッラーロ 2019

色味は少し褐色のあるオレンジ色。白い花、リンゴ、洋ナシなどの甘くて爽やかな香り。豊かな果実味としっかりしたボディが口いっぱいに広がる。心地良いミネラルが、全体のボディを引き締めた味わい。

3,700円(税込)
輸入元希望小売価格 : 4,070円(税込)



フィールドレコーディングズ スキンズ 2022

Field Recordings
フィールドレコーディングズ スキンズ 2022

フィールドレコーディングズ スキンズ 2022

フィールド レコーディングスはアンドリュー・ジョーンズが自らの足で歩き、出会った畑や人々をワインという形で残した記録です。地域や畑の知名度にとらわれず、ブドウの品質にこだわり、探し求める彼の目にかなったブドウで造られるワイン達は個々の個性を持ち、品種や生産地が異なっていても一定の品質基準を保ち、ブドウのクオリティを実感させられる仕上がりになっています。
こちらのワインは、5種類の白ブドウを使用し、通常より遥かに長い期間(60~90日間)のスキンコンタクト(果汁に果皮を浸すこと)の後、アカシアの樽で熟成された濃い色合いのオレンジワインです。ドライピーチやネクタリンなどのフレーバーに赤リンゴの皮や微かなヒマラヤ塩のニュアンスもあり、複雑さと旨味たっぷりな味わいです。アメリカで一番売れているオレンジワインをご賞味下さい!

3,000円(税込)
輸入元希望小売価格 : 3,520円(税込)



  • 公開日 : 2022年5月27日 | 更新日 : 2024年2月18日
  • 掲載内容は更新日時点での販売状況・価格となります。予告なく変更となる場合がございますのでご了承下さい。
  • オンラインストアおよび店頭(ワインショップ フジ)にて販売しております。売り切れの場合はご容赦下さい。販売状況につきましてはお問い合わせください。

おすすめコンテンツ

ソムリエ厳選 ワインセット 世界中で需要が増加!ヴィーガンワインとは?
アマローネ特集 グラッパ特集

特集ページ一覧はこちら

飲酒は20歳になってから。20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
Copyright © 2020 Fuji Corporation, Ltd. All rights reserved.